【歯科栄養士実践塾】歯科で活躍する管理栄養士育成 – Dental Registered Dietitian
歯科栄養士育成コンサルタント 田中美智子
TEL&FAX:0748-69-6020

生活リズムを整えることが基本です

離乳食を開始する前に、生活リズムを整える必要があります。毎日同じ時間に起きて朝日を浴びることで1日をスタートさせ、同じ時間に消灯して眠りにつくようにしていきます。そうすると、幼児の3食と2回のおやつの時間と同じくらいの時間帯に空腹を感じることが出来るようになってきます。違うところもありますが離乳食を開始する時は、なるべく空腹に合わせていくと赤ちゃんも食べやすいです。

大人も空腹ではない時や眠たい時に食事を出されても食べたくはないですよね。空腹を感じるタイミングと離乳食が重なっていけば、幼児食へ移行もスムーズになりやすいです。

私たち栄養士に、まだ離乳食を始めていない乳児期から関わることが出来る機会があればこういった内容も伝えていけると思います。

暦では秋になってしまいましたが、まだまだ暑いです。大人も子どもも生活リズムを崩さずしっかり栄養と睡眠をとっていきましょう!