【歯科管理栄養士実践塾】歯科で活躍する管理栄養士を育成
歯科管理栄養士コンサルタント 田中美智子
TEL&FAX:0748-69-6020

歯科管理栄養士とは

歯科管理栄養士イメージ

歯科管理栄養士とは、歯科で働く管理栄養士のことです。
新しいキャリアとして近年の歯科医院で採用が増えました。

近年の診療報酬改定で口腔機能管理料(小児口腔機能管理料)が加わり、管理栄養士が歯科の現場で活躍することが期待されています。

しかしながら歯科に管理栄養士が所属することはまだ一般認知度が低く、歯科医院としても試行錯誤をしている現状です。

管理栄養士が歯科の現場で求められる役割は「予防」です

管理栄養士は学んだ専門知識や技能を用いて、医療や福祉の現場で医師の指示のもとで栄養指導ができる専門職です。
歯科ではライフステージ全般の健康維持のために「食事指導」を担います。

「食べる」という機能は全身の健康に大きく関わります。健康で長生きするためには、口腔内の健康が重要です。
口腔内環境の予防や改善のため「食」に関する指導やアプローチが必要と考えられています。

歯科管理栄養士の主な業務

  • 食事指導
  • 間食指導
  • カウンセリング
  • 食育セミナー
  • 離乳食教室
  • 離乳食指導
  • 講習会
  • 受付業務
  • 電話対応
  • 歯科助手など

細かく挙げれば、他にもまだまだあると思います。ポスターやチラシ作成をする場合もあります。

歯科と管理栄養士の抱える問題

歯科管理栄養士は新しい存在だからこそ、歯科医院と管理栄養士の考え方や捉え方に違いがあることで問題が発生しています。

  • せっかく採用した管理栄養士がすぐ辞めてしまう
  • ただの歯科助手や受付になってしまう

うまく活用できない。どう育てて良いかわからない。そんな声を聞きます。

歯科で管理栄養士を活用するために必要なこと

  • ①管理栄養士が歯科で働くうえでの心構えをもつ。歯科医院の理念を理解する
  • ②管理栄養士の歯科で働くモチベーション維持
  • ③他職種のスタッフへ食事指導に関する知識や情報の共有と意識づけ
  • ④歯科医院のビジョンをもとに、管理栄養士を組み入れた歯科医院のシステムを確立する
  • ⑤管理栄養士へ歯科の知識を教育する

大きくざっくりリストしてみました。経営の側面から考えても、まだほかにも必要なことはたくさんあると思います。

歯科管理栄養士コンサルタントとして、①~④問題について解決案の提案が可能です。

独自の歯科管理栄養士育成プログラムを提供することで歯科管理栄養士の育成支援をします。
ご興味がありましたら、ぜひお問い合わせください。


Facebook(田中美智子)でも活動報告などいろいろ投稿しています。
フォローお待ちしています。

お仕事のお問い合わせ&ご相談はお問い合わせフォームへどうぞ

歯科管理栄養士『実践塾』第6期終了・第7期最終日11/6(日)

歯科医院勤務1~3年目の管理栄養士を育成します。
自信をもって栄養指導や患者教育できる管理栄養士を目指します。

実践塾の概要はこちら

第8期2023年度開催を準備中です。
歯科管理栄養士の育成に悩んだら、お問合せください。

管理栄養士・歯科衛生士・歯科医師とともに医院一体の学びを準備中です。
詳細が決まり次第告知します。

歯科医院ごとの個別教育プログラム(好評につき新規受付停止中)

月1回、歯科医院に訪問して管理栄養士を育成指導します。
医院のビジョンに合わせて歯科管理栄養士と他スタッフを交えてのプログラムが特徴です。

<対応エリア>滋賀県・京都府・大阪府・兵庫県・奈良県・和歌山県・岡山県・三重県・岐阜県・愛知県・福井県・石川県(一部地域を除く)・東京23区・静岡市・浜松市

対応エリア外でも柔軟に対応します。オンライン対応も可能です。
概ね3時間前後の移動の場所には私が伺って教育を行ないますが、遠方の場合は打合せ時に検討します。遠方の場合は前泊の宿泊費も負担していただくこともあります。


まずはご相談ください。2023年1月より新規受付再開予定です。再開前のお問合せも可能です。
個別教育プログラムについてはこちら