【歯科管理栄養士実践塾】歯科で活躍する管理栄養士を育成
歯科管理栄養士コンサルタント 田中美智子
TEL&FAX:0748-69-6020

歯科医院の管理栄養士が離乳食支援

離乳食イメージ

歯科の現場にて、口腔機能に合わせた離乳食の進め方や幼児食の食べ方支援が望まれています。

体や口の発達段階は一人一人が異なります。
歯科医院の管理栄養士は個別に合わせた支援対応ができることが理想だといえます。

離乳食を進めるポイント

離乳食の開始から3回食まで進めていくときには、それぞれ次の段階に進む成長発達のポイントがあります。

例えば、離乳食開始をする時には、乳児から4つのサインがあります。

  1. 首がしっかりと座る
  2. 支えてあげると座ることが出来る
  3. 食物に興味を示す
  4. プーンなどを口に入れても舌で押し出すことが少なくなる(哺乳反射の減弱)

これらは日々の生活動作や遊びの中で習得していきます。寝返りやハイハイなども口の発達につながる動きが習得が出来ます。

もし、出来ていないものがあればどういう遊びを取り入れると習得しやすいのかなども栄養教育では合わせて伝えていくと離乳食も食べられるようになってきます。そうすると、咀嚼機能もしっかりと育っていきやすいです。

管理栄養士の栄養指導

管理栄養士が栄養指導をするときには、たくさんの子どもを見て経験することが大切です。

すぐに経験はつめないので事例などを参考に乳児を見て一つ一つポイントを押さえてほしいと考えています。

管理栄養士には、離乳食の形態や食べさせ方だけでなく、乳児の発達を個別にしっかり確認し伝えられる力をつけてほしいと思います。

実践塾では、乳幼児の栄養指導の話をします。実務経験の浅い管理栄養士が、しっかり離乳食支援に挑めるよう育成支援をします。


Facebook(田中美智子)でも活動報告などいろいろ投稿しています。
フォローお待ちしています。

お仕事のお問い合わせ&ご相談はお問い合わせフォームへどうぞ

歯科栄養士『実践塾』第6期(オンライン)・第7期(対面)開催中

歯科医院勤務の管理栄養士を育成します。
自信をもって栄養指導や患者教育できる管理栄養士を目指します。

実践塾の概要はこちら

第8期2023年開催を準備中です。
歯科医院の管理栄養士の育成に悩んだら、お問合せください。

歯科医院ごとの個別教育プログラム(好評につき新規受付停止中)

月1回、歯科医院に訪問して管理栄養士を育成指導します。
医院のビジョンに合わせてのプログラムが特徴です。

<対応エリア>滋賀県・京都府・大阪府・兵庫県・奈良県・和歌山県・岡山県・三重県・岐阜県・愛知県・福井県・石川県(一部地域を除く)・東京23区・静岡市・浜松市

対応エリア外でも柔軟に対応します。オンライン対応も可能です。
概ね3時間前後の移動の場所には私が伺って教育を行ないますが、遠方の場合は打合せ時に検討します。遠方の場合は前泊の宿泊費も負担していただくこともあります。


まずはご相談ください。2023年1月より新規受付再開予定です。再開前のお問合せも可能です。
個別教育プログラムについてはこちら